常陸牛生産者の集い 〜7500頭突破記念〜
地元情報 / hashimotobeef
茨城県のブランド「常陸牛」の年間出荷頭数が7500頭を突破したことを記念して、常陸牛振興協会は7月3日、水戸プラザホテルにおいて「生産者の集い」を開催しました。出席者は弊社代表橋本武二をはじめとする生産者や、橋本昌知事など約220人が参加、功績者として橋本武二などが表彰され、感謝状が送られました。また最後に出荷1万頭をめざして橋本武二が決意宣言を行い、消費拡大へ向けて決意を新たにしました。

表彰を受ける橋本武二

表彰者一同

決意宣言をする橋本武二





水戸プラザホテルの豪華な料理

水戸プラザホテルの豪華な料理

常陸牛グッズ
| comments(173) | trackbacks(0) |
pagetop
涼しくなりました
地元情報 / tokiwa
ジャイアンツ絶対優勝!
後輩の東野投手がんばれ


| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
水戸プラザホテル
地元情報 / hashimotobeef
水戸プラザホテル
水戸プラザホテル

お客様の声コーナーを作るため、いつもお世話になっている
水戸プラザホテルROSEさんに行ってきました。

料理長の檜山さんにウチの特選牛を褒めていただきました。

料理長

「お互いの顔が見えているから地元産は安心だね」とのお言葉に身の引き締まる想いがしました。

特選牛

メニューは常陸牛ステーキディナーコース 8,000円〜です。いい肉でしょう?



| comments(0) | trackbacks(0) |
pagetop
茨城町の魅力
地元情報 / hashimotobeef
橋本畜産の地元、茨城町について紹介します。

茨城町は食べものが美味しいところです。
面積は1万2000平方キロメートルで、主体は農業。
産出額は県下で6番目。畜産(肥育、酪農、養豚)はその半分を占めています。
水もたいへん豊かで水道水は河川の水ではなく、地下水を飲んでいます

観光でまず思いつくのが涸沼
秋のハゼ釣りが有名ですね。
おいしく食べられます。

涸沼は観光バスもあまり訪れない隠れた名所といえます。

涸沼周辺にはキャンプ場があって、親沢公園キャンプ場、広浦公園キャンプ場は景色の良いところです。
宿泊型のホテルがないので、観光客は大洗、水戸あたりに宿泊することが多いようです。

ポケットファームどきどきという施設があって
ここには観光バスが止まり、年間50〜60万人訪れます。

農園や動物村があり、
園内の直販所で地元の美味しい野菜やお肉、お米などを買い入れ、バーベキューをして楽しむことができます。そのときは常陸牛もぜひ楽しんでほしいですね。

ポケットファームどきどきのそばには橋本畜産の子会社、トキワフーズの販売店もあります。おいしい常陸牛を好きな大きさにカットしますので、ぜひご利用ください!

作るのがめんどくさい人にはブッフェスタイルの「森の家庭料理レストラン」もあります。

あと有名なのは涸沼のしじみ

海水と淡水が混じった汽水湖なので非常に美味しい。
しかも500円払えば、手でいくらでも取れます。(機械を使うのは禁止)
キャンプに来てシジミを採る人が多いです。
シーズンは5月〜8月まで。
寒くなると土の中に潜ってしまうので、簡単に取れません。

親沢公園キャンプ場のそばにある「うなぎや」は天然もの食べさせることで有名ですが、しじみ汁も大変美味しいです。

普通しじみ汁はミソ仕立てが多いですが、この辺ではすまし汁でいただきます。










| comments(0) | trackbacks(1) |
pagetop
| 1/1 |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--